色々な住まいがある

住宅と言っても色々な種類があるため、自分や家族に合った住まいを選択すると良いでしょう。住まいの種類によって特徴も異なるので、事前にチェックしておくと良いです。

住まいで異なる特徴

男性

賃貸アパート・賃貸マンション

賃貸アパートやマンションの場合、借りているだけになるので引越しなども簡単に行なうことができます。しかし、最低でも1年や2年住むという規定が設けられていることもあり、指定された期間内に退居するとなると途中退居として料金が発生することもあるので注意しましょう。

分譲マンション

マンションの一室を購入して住むことができます。分譲マンションの場合、左右上下共に他の入居者もいるため生活音に気を付けて生活をすることが大切です。しかし、管理などはマンションを所有しているオーナーが行なってくれるため管理費を全額負担することもなく、修繕費用などを抑えることができます。

戸建て物件

戸建て物件でも、土地と建物がセットになって販売されている建売住宅や、土地だけ借りてその敷地内に建物を建設する借地を選択することができます。また、建売住宅の場合は既に建設されている住宅になるため、好みに合った物件を購入しなければなりません。自分好みの住まいがほしい場合は、注文住宅を選択すると良いでしょう。

ライフスタイルに合わせて選ぶ

どの住宅の種類を選択しようか迷っている場合は、ライフスタイルを考えた上で選択すると良いです。また、ずっとそのエリアで暮らしていくという場合は戸建て物件が良いでしょう。戸建て物件であれば資産にもなります。また、資産価値を高めたいといった場合も注文住宅は最適です。世界に一つしかない住まいになるため、自ずと価値が高まると言えるでしょう。

注文住宅を依頼できる業者

  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 設計事務所&個人大工

憧れの家に住みたいなら注文住宅を選択しよう!

インテリア

注文住宅の依頼先を選ぶ

希望する家が建てられるのが、注文住宅です。しかし、注文住宅を検討している際に悩んでしまうのが、注文住宅の依頼先になります。注文住宅は上記にも記載したように、ハウスメーカーや工務店、設計事務所と個人大工に依頼をすることができます。自由度や料金の違いが出てくるため、どういった注文住宅を建設したいか考えた上で依頼先を選ぶと良いでしょう。

女性

依頼先の探し方

どの業者に依頼したいか決まった後は、建設エリアで対応してくれる業者を見つけなければなりません。その際に役立つのがインターネットとなっています。今ではほとんどの業者がインターネット上にホームページを公開しているため、隙間時間でチェックすることができます。業者の特徴や施工例、実績など様々なことを確認することができるので依頼する前にチェックしておくと良いでしょう。また、業者選びに失敗しないためにも口コミ情報や評判も確認しておくことが重要です。

一軒家

保証やアフターサービス

注文住宅の建設を依頼することができる業者のほとんどが保証を設けているため、保証期間をチェックしておきましょう。万一、住み始めて不具合やトラブルが生じた際、保証期間内であれば無償で対応してもらうことができます。また、アフターサービスでは期間内であれば無料で点検してもらうことができるので、不具合やトラブルが起こる前に調べてもらうことが可能です。

室内

注文住宅の注意点

注文住宅は自分が住みやすいと思う家を建設することができるためメリットが多いのですが、注意点もあるため押さえておきましょう。一つ目の注意点に情報が挙げられ、業者の情報はしっかりと確認しておかなければなりません。注文住宅を建設してくれる業者の中には残念ながら悪徳業者も存在しています。手抜き工事をやられてしまう可能性がある他、最初に提示された見積もり金額よりも加算されて請求されるといったことがあります。その他にも、注文住宅に関することはしっかりと勉強をしておくことも大事です。提示された内容にただ頷いているだけでは注文住宅の意味がありません。注文住宅は手間や時間もかかってしまいますが、それを乗り越えることで素晴らしい住まいを手に入れることができるでしょう。

[PR]
福岡で工務店を利用しよう
理想の家を建ててくれる!

注文住宅は業者によって左右される!

全ての業者が同じ技法というわけではないため、業者によって仕上がりは異なるのです。満足のいく住まいを建設するためにも、業者選びは手を抜かずに慎重に行うことが重要になります。